公文のプリントは…? @ ファイリング

  03, 2012 19:06
紙類の整理収納で、

「公文のプリントが…」

というお悩みをよく聞きます。


我家も娘が小学生の頃お世話になっていたので、
あのプリント量の多さ、処分の難しさがよくわかります。(´・ω・`)

くもんメイトに

「こんなに沢山学習しました~」

と、プリントの山と背比べしている写真が載っているので
子どもも「やりたい!!」って言いますし…。

しかし、全て残していたら凄く場所を取る!!



教材バインダー


私は教科毎のバインダーに、1~200まで入れて保管していました。
なるべく間違いが少ないプリントを選び、このバインダーに番号順に入れて保管。
それ以外は、処分。

子どもが学習した物ですので、その辺にポイポイ捨てず
なるべく目立たないように、スーパーの袋や紙袋に入れてこっそり処分…
処分していかないと増える一方なので、冷たいようですがこのようにしていました。


A、B、C、D、E、F… 単元が進むごとにバインダーが増えます。
長女は3教科、Iまで進んだので相当な量。

このバインダーは教室の先生にお願いすると購入できます。
PP素材、教材バインダー 各210円(税込) 詳しくはこちらから

教室によくある、紙素材の教材綴りはお安いですが、紐を通すので
ちょっと面倒です。夏に開かれる「つどい」で実物展示を見ることができます。


※姉妹の教材バインダーですが、量が多くなり保管も場所を取るので、
結局は処分しました。バインダーはお友達にあげ、中身は処分。
公文関係で残しているのは、トロフィーやキーホルダー等です。



公文のプリントに限らず、教科書、プリント、テストなど
学習に関する「紙類」は処分に迷う方が多いのではないでしょうか?
勿論、私も昔はそうでした。(今は娘達に管理を任せています)

子どもがまだ幼い頃は、「思い出の物は全て残す!」
くらいの勢いでしたが、子どもが大きくなるにつれて
そんな気持ちも薄れ…

何でもかんでも処分する訳じゃないですが、スペース的にも
余裕がないので、ある程度は割り切って処分しています。

大事なのは、保管の目的を決めること。
何の為に残すのか?が大事です。

・思い出だから残す
・復習する為に残す
・下の子が予習するため残す


色々あると思います。
保管期限を決めるのも一つの方法。
「ただなんとなく」で残すことが、物が増える一番の原因。
決断を先送りにしていては、ずっと今のままですよ~(´・ω・`)

「基準は自分」です。
「マイルール」を作ると物に縛られず、楽になりますよ。(*^_^*)

我家の場合、子どもの物(作品等)を「老後に楽しむ」選択肢はありません。
今も忙しいのですから、きっと老後も何かと趣味を楽しみ、忙しくしていると思うので。
その変わり写真は残しています。



応援していただけると、更新する励みになります♪
ライフスタイルブログへ



※お騒がせした定期ですが…私が夜買いに行きました~ (≧▽≦)
関連記事

くもん 公文 収納 ファイリング

What's New